良い楽器には条件がある

オーボエはソロ楽器としても活躍できるというのが大きな魅力の一つでしょう。また、バンド全体をリードするという役目もある楽器で人気があります。そんなオーボエに挑戦するのなら、まずは楽器の選び方について詳しく知っておくといいでしょう。良い楽器というのにはいくつかの条件があります。たとえば、ハーフホールのDから中音Cにピアニッシモでレガードで下りたとき、Cのピッチが低くならないことです。また、そのままクレッシェンドするとピッチが少し下がって正しい位置にはまる感覚があるものは避けるといいでしょう。

条件にあてはまる楽器を

また、ほかにもオーボエ選びの条件があり、ピアニッシモでAからGに下りたときにピッチが低くならないことというのがあります。ただし、Gの音を出した時にアンプシュアを噛んで調節して正しい音が出るようなら問題ないでしょう。また、低温のCフラットをピアニッシモまでディミヌエンドした時に音程が低すぎないこと、第一オクターブキーを押したFを狙いタンキングのフォルテッシモで吹いても、音程が下がらないものなどがいい楽器の条件といえるでしょう。

リードは試奏できる専門店をなるべく見つけて

第二オクターブが極端に低くないものなど、良い楽器の条件はほかにもありますが、いずれにせよ言葉の意味がわからない初心者であれば、自分よりもオーボエをうまく吹ける人と一緒に楽器店へ足を運びましょう。自分だけでは気づくことができないアドバイスを得ることができますよ。また、リードについてもできるだけ専門店で自分で吹いて選びましょう。といっても、オーボエのリードを試奏できる店は大変少ないのが現状ですから、リードの先を見てしめらせてからも極端に開いていないものなどをポイントに選んでいくといいですよ。

オーボエは木管楽器の一種でフルートに次いで古くからあり、独特の高音の音色が美しい楽器となっています。