ディーラーで行う車検のメリット

車を購入したら、そのディーラーから車検のお知らせが届くことが多いのでそのままお願いしてしまうという人も少なくありません。ディーラーでの車検はそのメーカーの車に対する知識を一番多く持っているのが強みです。電子システム診断装置を使っているところも多く、電子制御を行っている部分の故障や交換が必要な部分をピンポイントで知ることができるので不要な交換費用が掛かりません。しかしディーラーでの車検は割高になってしまう傾向があります。

ガソリンスタンドや修理工場、専門店で行うメリット

ディーラー以外で車検を行っているのはガソリンスタンドや修理工場、車検専門店になります。これらの場所で車検を行うメリットは何といっても費用が安いという点です。交換などが必要となる部分も中古や純正ではないものを使うこともできるので費用を安く抑えることができます。注意点としては「とりあえず車検を通すことができる」程度の整備や修理しか行わないこともあるため、見積もりなどの際にしっかりと話をしておくことが重要です。

自分で車検を受けることもできる

そして一番費用が安くなるのが自分で車検を通す「ユーザー車検」を行うことです。自分で車を陸運局や軽自動車検査協会に持ち込んで検査を受けることができます。自分で全部行うので人件費がかからず当然一番安く車検を行うことができる方法ですが、平日の昼間しか車検を受けることができない点と、車に不具合があった場合には車検に通らなくなってしまいますので整備を行わなければならなくなります。車の知識を持った人でなければ難しいかもしれません。

道路運送車輛法によって定められています。自動車の使用者または代行者が、運輸支局などに車両を持ち込んで受ける継続検査のことを車検と呼びます